実際安全に使えるの?

使い方次第で安全にも危険にもなる

家にいながら脱毛ができる家庭用脱毛器は安全に使用できるように設計されているけれども、しかし、使い方次第で危険な場合も出てしまいます。肌トラブルを減らすために最大の出力でも脱毛サロンで使用している機械よりも弱く設定されています。しかしデリケート部分や肌が弱い部分にとって最大出力では強く、肌トラブルが発生する可能性が高めです。脱毛する部位に合わせて出力調整の必要があるのですが、間違った考えや調整のミスにより危険度が変化するため、使う人により危険な機械になることもありますし、安全な機械になることもあります。より安全に使用するためにも取扱説明書通りに使うようにして、危険度をできるだけ減らすようにしましょう。

トラブルが発生した場合はどうすれば良い?

どんなに説明書通りに安全な使い方をしていたとしても、絶対に肌トラブルが発生しないわけではありません。家庭用脱毛器を使用する前にトラブルが発生した時の対処法を知っておくことがおすすめです。まず、家庭用脱毛器で発生しやすいトラブルが「火傷」です。火傷したなと思った場合、すぐに使用を中止して水で冷やすようにし、広範囲や火傷の程度により病院に行きましょう。また家庭用脱毛器ではかぶれたり腫れたりする場合があります。どちらもすぐに使用をやめるようにして病院に行き治療を受けるようにしましょう。そして家庭用脱毛器に限らずどの方法でも脱毛はアフターケアが十分できているかどうかでトラブルの発生率が変わってきます。念入りにアフターケアをしてトラブル回避をしましょう。

全身脱毛なら、完全個室での施術でプライバシーも万全、レーザー照射スピードの優れたクリニックが安心です。